三重県でメガネ・補聴器ならメガネのマスダ〇〇コンタクトレンズは松阪市マスダコンタクト〇〇

 

 
 
 
 
 
 

 

 難聴と聞こえについて

 聴力の低下は、ライフスタイルに様々な影響を及ぼします

健聴者は、普段「聞こえる」ことの大切さを実感することはありませんが、聞こえるということは、日々の生活の中で、人々との関係を保つために非常に重要な役割を果たしています。友人と話す、自然の音を聞く、音楽を楽しむ、危険を感じ取る、などはすべて聞こえがあってこそできることです。
私たちは、聞こえが著しく衰えてきて初めて、普通に聞こえることの大切さに気付きます。聞こえの働きは、非常に複雑で、極めて繊細なものです。
だからこそ、聞こえに気を配らなければならないのです。
 
 

聞こえのしくみ

外耳:音を拾い、外耳道(いわゆる耳あな)を通って、音を鼓膜へと伝える役割をしています。
 
中耳:耳が鼓膜を振動させ、耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨という3つの小さな骨)により、振動が増幅されます。
 
内耳:耳小骨からの振動を蝸牛が電気信号へと変換し、聴神経によって脳へと伝達されます。
  
 
 
 
 ↓クリックで拡大します 
 

 難聴

 一般的に、加齢による難聴は何年もかけてゆっくりと症状が進んで行きます。
難聴者自身では自分の聞こえが低下していることになかなか気付くことができません。多くの場合、家族や友人、同僚が、あなたより先にあなたの聞こえの問題に気づきます。聴力の衰えにはいくつかのサインがあります。
  • 電話の相手に何度も同じことを聞き返す聞き返すことはありませんか?
  • テレビやラジオの音量が大きすぎると家族に言われませんか?
  • レストランや騒々しい場所で周りの人との会話に聞き逃しがありませんか?
  • 家族とのお祝い行事などの時、よく聞こえないせいで疲れを感じませんか?
  • 静かな場所での対面での会話なら楽に聞き取れるのに…と感じませんか?
これらは全て典型的な聴力の衰えのサインと考えられます。
でも心配することはありません。
難聴は耐えなくてはならないものではありません。
適切な解決策で聞こえを改善することができます。
 

 
 

聴力の低下が及ぼす影響

・注意力の低下
・会話の聞き取りの低下
・コミュニケーション力の低下
・記憶力の低下
・未知なものへの探求心の低下
・職務効率の減退
・他人からの認識・関心の低下
・イライラ、ストレス、憂鬱などの精神的な不安定
・引きこもりや社会からの孤立化
 
 

補聴器は両耳装用がおすすめ

 

より自然な聞こえを実現をするために

 

 

両耳装用がおすすめです。

 

 

片耳だけの補聴器は、片目で見るのと同じです。

 

 
片目で見ると視野が狭まり遠近感が分かりません。同様に、片耳で聞いても、音の広がりや方向感は分かりません。
目も耳も二つあることにはちゃんと理由があるのです。だからこそ、補聴器の両耳装用を推進しています。
アメリカでは10人中8人が両耳に補聴器を装用しています。確かな聞こえのために、日本でも両耳装用をおすすめします。
 

 

ページ先頭へ