三重県でメガネ・補聴器ならメガネのマスダ〇〇コンタクトレンズは松阪市マスダコンタクト〇〇

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

人は誰でも、年齢が進むにつれて身体にいろいろな変化が現れます。「聴力」もそのひとつです。
最近、聞こえにくいと感じることありませんか。

以下の項目に心あたりがあったら、聴力を測定されるようおすすめします。
 
 
 


□会話しているとき、しばしば2度聞きすることがある。

□聞き間違いが多い。

□話し声が大きいと言われる。

□会議で発言内容を聞きもらす。

□テレビやラジオの音が大きいと言われたことがある。

□集会や会合など数人の会話でうまく聞き取れない。

□チャイムや電話の呼び出し音を聞きのがすことがある。

□後ろから声を掛けられるとわからないことがある。

□自動車の中での話がよく聞き取れない。

 
3個以上当てはまる方は、聴力が低下している恐れがあります。

 
 



私たちは音をどのように聞いているのでしょうか。
 
耳の構造
 
音は耳介によって集められ、外耳道を通って鼓膜へ、さらにツチ骨キヌタ骨アブミ骨という骨を通りながら増幅されていきます。
増幅された音は、蝸牛に伝わり、ここで音の強弱や高低を分析します。
蝸牛が受けた刺激は聴神経から大脳へと伝わり、脳で音として認識されます。

耳介には集音効果と、音の方向を判断する役割があります。
外耳道では、耳介で集められた音が共鳴により、大きな音になります。
さらに、鼓膜と3つの骨の作用で音は増幅されます。
 
蝸牛はリンパ液で満たされていますが、伝わってきた音により振動します。
その振動が元になり、有毛細胞が刺激され、音の強弱や高低が分析されます。
加齢により有毛細胞に障害が起きますと、聴力低下の直接の原因につながります。
 
また、蝸牛の入り口では高い音を、蝸牛の奥では低い音を分析します。
蝸牛の入り口は音の高低に関わらず、常に伝達が行われているため、疲労や摩耗が早くなります。
加齢による難聴では高い音が聞き取りにくくなるケースが多いのはこのためです。
 
耳介から外耳道までを外耳、鼓膜からアブミ骨までを中耳、蝸牛を内耳といいます。

 
 



難聴の種類
耳のどの部分に障害があるかによって、難聴は3つの種類に分類されます。

伝音難聴

中耳炎や鼓膜の損傷・病気により、外耳か中耳のどこか音を伝達する部分になんらかの障害があるために起こる難聴です。音が耳にフタをしたような感じに聞こえます。
感音難聴
内耳以降の感音器、つまり音を感じる部分に何らかの障害があるために起こる難聴です。
この難聴の代表が、加齢とともに聴こえにくくなる聴覚障害です。薬物や長時間、騒音下にいることが原因で起こる聴覚障害もこれにあたります。
単に聞こえにくいだけでなく、音がひずんで聞こえる場合が多く、言葉の聞き違いなどが起こります。
混合性難聴
伝音難聴と感音難聴の両方が同時に起こるタイプの難聴です。
  
 
難聴の程度

聞こえのレベルは以下の5つに分けられます。
難聴の程度 聴力レベル 日常会話の程度
正常 25dB以下   不自由なし
軽度難聴 26~40dB以下   小さな声や遠くの声が聞こえにくい
中度難聴 41~70dB以下   普通の声が聞こえにくい
高度難聴 71~90dB以下   大きな声も聞こえにくい
重度難聴 91dB以上   叫び声も聞こえない


補聴器相談室 トップページへ戻る

ページ先頭へ